2006年11月20日の俳句

広告
2006年11月20日の俳句

俳句の解説

実家の畑は秋になると夕焼けで真っ赤です。あふれるほどたくさんの赤とんぼが飛び、陽が暮れるまで赤とんぼを追いかけていました。
あの頃の赤い世界は今も鮮やかによみがえります。

( Written by buzz )