2008年04月12日の俳句

広告
2008年04月12日の俳句

俳句の解説

桜の花びらが風に吹かれて舞い散る中を歩きました。春が過ぎ去ろうとしているのが寂しくて、散っていく花びらをつかまえました。このまま、命あふれる春をとどめることができればいいのに。

( Written by buzz )